楽市楽座

かわら版

100のありがとう風呂ワークショップ<夢古道おわせ>
2012年4月3日 1:39 PM

さん、いつもありがとう

おばあちゃん、お生日おめでとう

京に行っても元気に頑張ってね



 

 

 

 

こんにちは、夢古道おわせです。

3/31(土)、楽市楽座ツクリ~テばざーるにて〝100のありがとう風呂〟のワークショップを行いました。尾鷲ヒノキの入浴木に、ありがとうのメッセージを書いていただくという内容です。この日だけで40名を越えるお客様が参加してくださいました。

もうすぐ母の日だからお母さんへ〝いつもありがとう〟のメッセージ、だけでなく

おばあちゃんの誕生日に向けて〝おめでとう〟のメッセージ、卒業して遠く離れる友人に向けて〝がんばれ!〟のメッセージ、なにもなくても〝だいすき!〟のメッセージ…たくさんのメッセージが生まれました。

参加してくださったお客さまは、始めは「なんて書いていいかわからない…」と恥ずかしそうな様子でした。しかし書き始めると真剣で、それぞれ大切な人を思い浮かべている様子がとても印象的です。

たまたま通りがかったご家族。〝この入浴木に大切な人へメッセージを書いてプレゼントしよう、っていうイベントやっているんです〟とお話したところ、おばあちゃんに書きたいと2人のお子さまが参加してくださいました。


ぼく、あした引っ越しするんだよ

ちょっと寂しそうな男の子。きっと明日からおばあちゃんと離れて暮らすのかな?

女の子は、おばあちゃん好きな色なんだっけ?と悩みながらカラフルに書いていて、男の子は慣れないペンを握って、ふちをクリクリ、時間をかけて塗っていました。

きっとおばあちゃんは、一生の宝物になります。それぞれのご家庭でどんな感動が生まれるだろうと考えると、心が温まります。

夢古道おわせは、三重県尾鷲市にある小さな町の小さな温浴施設。そこから生まれた〝100のありがとう風呂〟は、大切な人に普段言えない感謝の気持ちを伝える温かさや、世界遺産熊野古道の森を守りたいという想いから、全国から共感をいただき広がっていきました。

名古屋の方々にも尾鷲ヒノキを手にとって香りをかいで、メッセージを読んで、100のありがとう風呂を感じていただいていることはとても不思議な気持ちですが、とっても嬉しいことです。

4/15(日)まで出展させていただきます。もっとこの取り組みをたくさんの方に知っていただき、温かい気持ちになっていただければと思っています。これからもどうぞよろしくお願い致します!

夢古道おわせ /インターンOG 坂本奈々恵




©2010RAKUICHI-RAKUZA